FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

お母さん、ごめんね。〜1〜

2014.08.14 11:04|母と私。
母とケンカした。
ケンカと言っても、私の方は母にケンカを売った覚えなんてない。
ていうか、ケンカが成立した記憶すらない。
どちらかと言うと、母の方が私の行いを母なりに解釈した結果、
私に対して一方的に怒っている、という感じだ。
だから、いつの間にかケンカのようになっていた、というのが私のほうにすると、正直なところ。

事の次第はこうである。

数日前、母が実家に私と娘を誘っていた。
その日は母の仕事は休みで、父も家にいるため、
揃って夕食を食べにおいで、という誘いだった。
そしてその日には、地元の夏祭りも行われる予定になっていた。

しかし、夏祭りは悪天候のため中止。
私と娘も病み上がりで、娘はまだ咳もひどく、鼻水もだらんだらんの状態だったため、
祭りもなくなったその日にあえて訪問することもないかな、
今回は見合わせて別日にしようかな、と、
私は今回の訪問に関してはあまり乗り気ではなかった。

前日に母から電話があった。
母は職場からかけてきているようで、背後が何やらガヤガヤと騒がしい雰囲気だった。
私は「お祭りもないなら行かないでおこうかな」と伝えたが、
父が娘の来訪を心待ちにしているよと告げられ、
それならばと思い、「じゃあ行くよ」と伝えた。
が、その一連のやりとりが、母のかけてきている背後の状況もあって、
母にはどうやら聞き取りづらかったらしい。
母は私の「行く」という言葉を無視して、
「どうするか決めてメールをしておいて」と言って、電話を切ろうとした。
私は慌てて「いやいや行くよ!行くって!」と言ったのだが、
どうやらそれが、母にしては、私が母を悪意を持って怒鳴りつけたように聞こえたようだ。
その時は「そう?じゃあおいで」と言って母もふつうに電話を切ったのだが、
怒鳴られたと思い込んでいる母、よほど癇に障ったのか、
自分の中でそれをうまく処理する事ができず、
電話からおよそ4時間後に、私に対して怒りのメールを送って来たのだ。

「明日のことは中止にするわ。あんたの電話の声は聞き取り辛い。
 私も年なんだから怒鳴ったりしないでよ」

ってな内容だった。
私はすぐにそのメールに気がつくことはできなかったのだが、
気づいた時には正直、唖然、呆然・・・
母ったら、一体、この4時間あまりの間にどうなってしまったの・・・
そして、なんだかとっても釈然とはしなかったけど、
ここで釈明しようと必死になっても、言い返しても、
決して良い結果は生まないであろうと私は悟り、
至ってニュートラルなトーンで返事を返しておいた。

「怒鳴ったつもりはなかったけど、そう受け取ったならごめんね。
 じゃあ明日は家で過ごすわ」

・・・私って、大人だなあ・・・
(え?違うって?)

でもあえて、返信メールには「そう聞こえたなら」ではなく、
「そう受け取ったなら」と入れておいた。

そう、私は普段から、
母の物の捉え方・考え方には偏りがある、
と考えているのだった、それも、結構以前から・・・
つまりこのメール。
今回のことの原因は私にではなく、あなたの方にあるよ、的な、
ささやかな反抗のメッセージだった。
さて、母は受け取るか・・・。

そして、私はこのことをきっかけに母のことについて考えまくった。
私と母について。
というか母について、考えたことを書き綴りたいと思う。

ので、次回から読みたい人だけお付き合いくだせえ・・・って、
もともと読みたい人しか読んでないわね・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。