10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

お母さん、ごめんね。〜2〜

2014.08.15 21:09|母と私。
母の物の捉え方に偏りがある、ということに気がついたのは、
実はそんなに昔の話ではなかったりする。

所謂、思春期と呼ばれるような時期、私は大いに心のバランスを崩した。
学校も欠席しがちになったし、心の不調が体の不調となって如実に現れ私を苛んだ。
思えば、あの頃にはもう無意識に、
私は母の偏りを察していたのかもしれないし、
それよりずっと以前からもう気がついていて、
その違和感がじわじわと蓄積されてきた結果、
たまたまその時期に心身のバランスを崩したのかもしれない。
まあもちろん、原因は複合的なものだけれど。
けれどはっきりと母のことに気がついたのは、
本当にここ10年くらいの間だったりする。

きっかけは、今の旦那と出会ったことだったと思う。
旦那の存在、その人生観、価値観、物の見方、
旦那を形作るすべてが、私にとっては衝撃だった。
旦那と接しているうちに、
私が今まで信じて来た世界は、親のフィルターを通して作られ、
親によって信じ込まされて来た世界に過ぎなかった、ということに気がつかされて行く。
カルチャーショック、だったかもしれない。
だけれども、私も本当はこういう風に生きていきたい、捉えて行きたいと思わされるようなもの、
旦那の持ってるものは、それだけストレートで素直なものだった。
それは、私の擦れた心、捩じれて尖った心を丸くしていった。

旦那と過ごしている時間は、
私が何も偽ることのないありのままの自分でいられる貴重な時間でもあった。
今、巷で大いに流行っているアナと雪の女王ではないけれど、
ありのままの自分で、自由に気軽に振る舞えたし、
子供っぽくも、素直にもなれたし、そんな自分が好きだとも思えた。
もちろん、親の前では嘘の自分でいたというわけではない。
ある面ではそれも嘘偽りのない自分自身の姿であり、飾らない姿でもあったけれど、
それでも、やっぱり旦那の前にいる自分は、それよりももっと自由だった。

母は、なんというか、永遠に満たされない欠落した何かを抱えている人だ。
そして、そのことを受け入れて認める事が、今なおできていない。
だから、その欠落した何かを埋め合わせるために今でも必死だ。
還暦をとうに過ぎた今でも、埋まらないピースを血眼になって求め続け、
そしてそのピースを失わせた原因(と母がしているもの)をものすごく憎悪している。
その憎悪の片鱗を、私は時々目撃する。
それは母自身が思いとして吐露するからだ。
それを吐露し始めると、誰にも止められない。
ただ、みんなそれに圧倒されて、
母の憎悪に、執念に、飲み込まれるように話を聞き続けるだけ。
母の中にある圧倒的な乾きに、もうどんな水も差し向ける事ができないのだ。
誰の前であろうと、それが恥ずかしいこととか、痛々しいとか、
そんな風に客観的に自分を制するという理性的な面を、
母はどこかに置き忘れて来たみたいに鬼の形相で語り続ける。
まるでまさしく今、それを経験している最中であるかのごとく。
憎しみは薄れることなく、いつでも鮮度抜群だ。
うちの旦那も、その姿を何度か見ている。
正直、引くと思う。
それでもそれを黙って聞いて、彼なりに消化して、
また今まで通りに義理の息子としてやっていく彼はすごいと思う。
私ならできない。
心底呆れ、軽蔑して、距離を置こう、となると思う。

私はその、痛々しい母の犠牲者だった。
そのことにはっきりと気がついたのは、自分も「母親」になってから、だった。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。