FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

私の中から母の要素を追い出したい。

2014.08.19 01:14|母と私。
どこに分類したらいいのか分からない記事が続いています。

今日、母が訪ねて来た。
すっかりご機嫌直ったらしい。
まあそれも、やはり今日、私からご機嫌伺いの電話をしたからなんだけど。
お盆休みが終わった頃合いで、私から電話をしようと思っていた。
「どう?調子」的なノリだけど、裏側の意味は降伏宣言だ。
「おかあさん、私が悪かったよ、認めるから、もういいでしょ」みたいな、ね。
それで、母の方もすっかりいつもの母だった。
だけど、ずっと私とも娘とも会っていなかったから、その実辛抱ならなかったんだろう。
今日電話して、夕方には訪ねて来た。

母は訪ねてくるなり、母の実家の方の、その後の展開について意気揚々と語り出した。
私と母が連絡を取り合わない間に、母は実家について新たな情報を着々と仕入れていた。
母の実家は、泥沼の状況だった・・・
まあ、そうだろうとは思っていたけれど。
すごいつらいな・・・
私が言うのもなんだけど、家族ってこじれると難しい。
家族だからこそ難しいんやね。

従兄弟は、激高した父親(つまり母の弟であり私の叔父)から、
「嫁との人生を選んで家と親を捨てるか、嫁を諦めて家を守るか選べ」
という残酷な難題を突きつけられていた。
そこで従兄弟は揺れ動き、揺れ動いたあげく、家を捨て嫁を選ぶことを決意した。
そしてその決断が、またも私の叔父を失望させた。
んなね、叔父の方も、二者択一のどちらか一択を明らかに期待しながら相手に決断を迫るなんてね、
残酷よ。
どちらにとっても残酷じゃないか。
だけれども、そんなことで簡単に親子の縁は切れないよね。
切れないと私は信じているわ。

前置きが長くなってしまった。
とにかく母の機嫌は直った。

最近、この本を読んだ。

E1400005447210_1.jpg
中山順司 / お父さんがキモい理由を説明するね —父と娘がガチでトークしました—

結構、知られている本らしいけど、私は数日前まで知らなくて、
あるきっかけで知って即買いに行った。
しかもレジには旦那を並ばせた。残酷。
キャッシャー店員さんの反応が面白かった。

内容は私が想像してんのとは全然違っていて、
タイトルは結構破壊力あるけれど、読んでみると、
「なーんだ。この父娘ぜんぜん大丈夫じゃないか」と思わせられる感じだった。
ふつうに会話できるし、ふつうに議論できる。
この中山一族、父と娘はもちろん、母もそのお父さんも賢く論理的だった。
聡明だからこそそれぞれちゃんと自分の意見を持ち、一定のルールの下で議論でき、
それに耐え得る関係性がもともとしっかりある。
なんだか、お互い根底から認め合えている感じ。
だからキモイって思っても言われても、この父娘なら大丈夫。もともと全然問題ない。

私は、この本の中で父と娘の議論のテーマになったものを、いくつか旦那にもぶつけてみた。
もちろん本の内容は言わず。
「なんで勉強ってしなきゃいけないと思う?」
「なんで人間って生きてんだろうねえ」とか。
旦那にしてみたら、急になんだよ、どうした、何か悩みでもあるのか?と思っただろうけど、
真剣に答えてくれた。
しかもそれが結構、この本のお父さんが言っていたこととそっくりそのまま同じだったりして、
てめえ、もしや私に隠れてこそこそとこの本読んだりしてたんじゃあるめえな!
絶対そうだろう!狡いぞセコいぞ!って罵ってやりたくもなったけど、
もちろん、旦那はこの本読んでない。
ていうか、旦那は活字に弱い。

それでも、答え聞いて、旦那ってやっぱすげえんだなと思わされた素直に。
例えば「人間の生きる意味」なんて考えたところで答えなんて出ないし、
正解があるわけでもないし、私なんてそういう曖昧なものにめっぽう弱いし、
そういうものを前にしたら怯えておどおどして不安でいっぱいになる、
そういうタイプの最たる者だから、
旦那がすんなり「こうじゃないの?」って言った時にはビビった。まじで。
私なんてほら、つい最近もさ、
「死ぬのがめっちゃ怖いんだよまじで!」ってここでも大騒ぎしてたじゃない。
でも旦那はさ、死ぬのが怖い!ってジタバタすることもなく、
自分の中ではっきりと、人間っつうか自分はこういうために生きている、っていう信念を持ってた。
それは「おまえ(私)を守るためだよ」とか「家族がいるからがんばれるんだよ」とか、
そういう甘っちょろいまやかしみたいな戯言を吐くわけでもなく。
やっぱ人間の器が違うわ。
デカイわ、旦那。
私は私のことばかり考えているわ、そういう肝の小さいヤツとは違うわ。

で、母の実家の顛末についても旦那に話したけれど、
旦那、私と結婚してからの付き合いだからまだ母の実家についてはよく知らないだろうに、
冷静にそれぞれの心理を分析していたわ。
そして、母とはぜんぜん違った角度から物事を考えた上に、
母とはまったく違った結論に至っていたわ。
私はその旦那の意見を聞いて、心底ほっとするんだった。
そういう旦那の物の考え方、それは誰からってやっぱり、
私が毛嫌いしている義両親の教育の賜物なんだと思うわ。
教育というか、心構えというか・・・。
だから私も、義両親との付き合い方を改めないといけないとまじで思うわ。
本当に、これまでの自分の心の内を静かに密やかに猛省したいわ。いや、するべき。
義両親さん、ごめんなさい・・・
甘いとか、理想論だとか、偽善だとか、人は言うかもしれないけれど。
でも、旦那の言う事は正しいわ。
それが全員が幸せになれる方法だと、私も心から思うわ。

ごめんなさい、何が言いたいのか。
話がだいぶとそれてしまったけれど。

それで、この本の中で興味深い心理テストが出て来た。
心理テストっつってもあれよ。
本屋の中の乙女な一角で、
♡や☆マークや可愛らしいイラスト載せて、
「最強!恋愛ひみつの心理テスト♡」
「彼のココロがわかる☆心理テスト」みたいなタイトルで並べられているような、
しかも「ライオンを選んだ彼は肉欲に飢えている!」とか、
どんなこじつけよこれ、とツッコみたくなるような、
こんなの誰に憚ることなく手に取れんの女子中学生までよ、
的なああいう類いの心理テストじゃないのよ。
きちんと、権威ある研究機関(大学)とかで気の遠くなるような因子分析の結果開発された、
医療機関、教育機関、就職活動その他諸々の場面で採用されるような、
研究ありき、理論ありきの性格分析の手段としての心理テストよ。
私、一応、今はただのしがない専業主婦だけれども、
一昔前はカウンセラーとかやっていて、
この手の心理テストは日常よく使われるツールだったんだけれども、このテストは初めて見た。
「あなたのサボター判定」というテスト。
サボターって何?
よく授業とか知らないうちにしれっとばっくれる人?
それとも、サボさん?
って感じですけど、心の中にいる妨害者、的な意味らしい。
それは育って行く中で他人や周囲の環境に晒されいろいろな経験を経るうちに、
自分を守るために作られた無意識の思考パターンみたいなもんで、
それが、自分の新たな行動や決意を妨げ、自分の利益を損なうように働く。
自分の心の中で、どの妨害者要素が強いかを知ることで、それをコントロールできるようになりましょう、
みたいな目的のテストらしい。

面白そうなのでやってみた。
私は10の妨害者の中で、「潔癖性」という妨害者が二番目に強く、
「こわがり」という妨害者が一番強いという結果になった。
なんとなく、予想していた結果だった・・・

「潔癖性」とは・・・
完璧主義、行き過ぎた秩序を求める、神経質、頑固、他人からの批判に極度に敏感。
思考パターン:「正しいものは正しいし、間違いは間違い。私は正しい道を知っている」
       「自分や他人が高い基準に達していない事にいつも不満でがっかりする」
       「皮肉っぽく、自分が一番正しいと言いたげである」

「こわがり」とは・・・
人生におけるあらゆる危険に極度の不安をもち、最悪の事態ばかり考えている。
心配が絶えない。
思考パターン:「いつも自分や他人を疑ってばかりいる」
       「危険の兆候に対して神経質」
       「他人のやることに懐疑的」
       「失敗したら攻撃される!」
       「とりあえずルールを教えておいてくれ!」

これ・・・

これ・・・さ・・・

もう、うちの母親まんまやん・・・

ごめん・・・
お母さん、ごめん・・・

私こんなところで密かに4記事にも渡ってお母さんの性格分析とその批判を展開して、
さらにさらっと『毒親』認定しておきながら、
そういうアンタも完全にお母さんとおんなじやん!っつうね・・・
いやもう、まじで、情けない・・・ひどい・・・

こうして私、母に育てられ、自分もしっかりちゃっかり、
母の持つ要素を自分の中に受け入れて自分のものとしていたという・・・。
そういう結果、叩き付けられましたわ。
いやそりゃあもう、仕方ないわ。
だって母の世界の住人だったんだからさ、そして母の犠牲者だったんだからさ、
当然の結果と言えよう。

特にこのさ・・・
『「こわがり」は安心感の元となるもの(親の存在)が予測できない、
 あるいは頼みとできないという、子供時代の経験に基づく事が多い』
っつうね・・・
母も母の親の犠牲者で、その母が私をまた犠牲にせざるを得なかったんだなっていうね・・・
この、世代間連鎖ね・・・
悲劇ね・・・

いやいやいやいや。
でもね、このテストはね、
「おまえにはそういうところがあるんだ!直ちに治せコラ!」っていう目的で作られたわけではないのね。
「あなたにはそういう要素があるからそれを認めて尚前に進みなさい。
 進み方は個人の自由よ。」っていう感じなのよ、どちらかというと。

だから私も、こんな風に目の前に出されて、薄々とは自分でも知っていた事だけど、
こういう要素を持っている自分を素直に受け入れてさ、
それで、どうそれを飼いならして行くか考えてさ、うまいこと、やっていくしかないねと、思うのよ。
タイトルには、「この母直伝の要素を追い出したい」とは書いたんだけれども。
追い出したいとて、そんな簡単に追い出せるもんじゃないのは知ってる。
そうか・・・なんだか、妙に納得だな・・・

ってことは、私ももれなく娘を私の犠牲者にするのだろうか!
いや、それは絶対もう!そういうわけにはいかない!
でも私は私の母のそのまた母の時代とは全然違う時代を生きているわけだし、
母の選んだ父ともまた、全然違うタイプの男を伴侶としているわけだし、
いろいろと、それぞれの世代での状況とはまた異なる状況下にいるわけだから、
この「妨害者」をそのまま娘に吸収させるってことはないはず、きっと・・・

いやいやいや・・・
ごめん間違えた・・・
また他力本願なことを言った・・・
それを吸収させるかさせないかは、私自身の行いが左右するんだよね・・・
気をつけよう、まじで・・・。

すみません、長くなりましたが興味のある方はテストをどうぞ。
本に載ってたURLをそのまま載せる。
http://www.diamond.co.jp/information/book/201308281920.html

そしてこの本自体に興味ある方もどうぞ。
インタビュー形式で、すごい読みやすいです。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

No title

お読みいただき、ありがとうございます!旦那様も似たお考えとのこと、なんだか嬉しくなりました。相変わらず娘は私をキモがっていますが、心の底ではそうではないと分かり合えているので、関係性は破綻していません笑。キモいと言わなくなるのは、もう数年かかりそうです。。。

>キモい父さんさま

コメントありがとうございます。
えーっと・・・
もしかして・・・
筆者様ですか?
うそ、そんな、まさか・・・
もしそうならなぜこんな黴臭い日陰ブログへ!?!?
いえいえ、嘘です・・・ありがとうございます。

信じ難いですが、筆者様に読まれるのならもうちょっと小マシな感想を書きたかったです。笑
私も中・高生の頃は、父親がキモくてキモくて仕方がなかったものです。
同じ洗濯機で父親のパンツと私の洗濯物が洗われることとか、
父親の後のお風呂、トイレも嫌でしょうがなかったです。
なんであれほど毛嫌いしないといけなかったのか、今となってはまったく分かりません。
今ではむしろ、お父さんともっといろいろ話しておけばよかったくらいに思います。
おっと、まだ存命ですが。
今では父が私の娘を可愛がってくれるのを見ると、とても嬉しくなったりもします。
もう少し!トンネルの先の光はすぐそこですよ!キモい父さんさま!笑
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。