10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

拝啓。

2014.08.20 03:05|その他雑記系
盆も終わった事というのに、厳しい暑さが続いているね。
しかし八月もあと十日ほどと思えば、やはり夏は短い気がする。
皆様におかれましてはご息災でお過ごしでしょうか。

我々一家は、盆休みは日頃から習慣としているプールに行ったり、
都心へ買い物に出かけたり、義兄の奥方のご実家の方でお世話になったりと、
つまりは日常と然したる差のない日々を過ごしていた。
それでもしかし、そこそこの思い出は出来たのだからこれ幸いである。
しかしまあ、今年の盆休みの、連日の悪天候と言ったらひどいものであった。
ずぶ濡れになることはなかったにせよ、
ただでさえ貴重たる連休をぶち壊してくれたのだから、暑いというだけならまだしも、
その不快感たるや例年の夏の五割増の様相を呈しておった事は間違いないであろう。
ああ、なんでまた、休みのときに限って前線などが停滞していたのだ。
まったくもって腹立たしい!ファッキン前線!

さて、連日取るに足らない思い出作りに右往左往していた私ではあるが、
盆に入るまでは生憎の体調で、それが無事治まったと思ったのも束の間、
なんと今度は腹を下しているのである。それもここ一週間ほどずっと!
盆過ぎて、天気は回復したというのに、私の腹の悪天候は一向に回復しそうにない。
これはさては、何か悪いヴィールスやバクテリアの類いを腹の中へ迎え入れてしまったか。
とにかく、連日、何か食べるごとにすぐさま腹がゴロゴロと不穏な音を立て始め、
立て始めたかと思うと、立ち所にゲリラ豪雨が始まるのである。下痢だけに。

冒頭で、義兄の奥方のご実家で世話になったと書きしたためたが、
そこへ向かう途中でもやはり地獄を見た。
高速に乗ってしばらく走り、今まさに京都縦貫道に至ろうかというところで、
私は不運にも催してしまったのである。
しかも京都縦貫道へ合流する地点は、名神高速道路に合流する地点も兼ねている。
これは悲劇だ。時は盆真っ只中。混んでいないわけがない。
なかなか進まない自車と、治まらない腹の急降下。
これほど額に汗し、肝を冷やしたことはここ最近の中でも屈指。
京都縦貫道を走り始めても、サービスエリアやパーキングエリアの類いが
全くと言って良いほど見当たらないのである。
私は血眼になって、それこそ般若のような形相で
高速道路脇の表示板を目で殺していったのであるが、
それでも『P』や『SA』の文字はことごとく見当たらず、
私は三十路をとうに過ぎているのにも関わらず、
とうとう自車の中で我が肛門を決壊させるという、万死に値するだけでなく、
子孫代々未来永劫語り継がれるであろう恥ずべき破廉恥野蛮お下劣行為を
夫や娘の前でやらかしてしまうのだ、
とついに覚悟を致し肛門の箍を緩めかけたのであるが、
最後の理性がなんとかそれを押しとどめ、夫に対し、
「頼む!高速道路上にないのなら!一度降りてどこかコンビニでも寄らせてくれ!」
と必死に訴え、これは唯事ではないと察した夫の機転により、
なんとか高速道路を降りたすぐのところに在るガソリンスタンドで、
私の腹の中に居座っていた諸悪の根源を追い出すことができたのである。
ああ、命拾いした。
ガソリンスタンドへ至る道中、
我々の車の前をちんたらと走る若いアベックのスクーターを目にした時には、
「夫よ、轢き殺せ、私が許可する」とわりかしマジに思ったものである。
だが夫は理知的な男である、
天と地がひっくり返ってもそのような犯罪行為に手を染めることは断じてない。
おかげで私は危うく漏らしかけた。

再び高速道路に乗ると、なんとすぐ次のインターでパーキングエリアがあるではないか。
ああ、なんということだろう。だが、人生とはこんなものだ。これこそが人生。
常に何かを無駄にするのが人生だ。時間、金、最短距離、知識、経験、そして教訓・・・
無駄にできる物だけは、いつも海の如く無限に我々の前に転がっているのだ。そこはかとなく。
義兄の奥方のご実家に到着するも、私はすっかり忘れていたのであるが、
その日振る舞われていたのはBBQの肉であった。
私は腹の中の諸悪の根源を危うく夫や娘の前でぶちまけてしまうかもしれぬ危機を
すんでのところで掻い潜り抜けた直後で、
その肉を旺盛に食らおうなどという気力はまったく残されていなかった。なんという悲劇。
腹のゲリラ豪雨さえなければ、
私は誰よりも旺盛にその肉に食らいついていたことは間違いない。

さて、私の腹の事情についてはこの辺りにして。
娘についても少し書きしたためておこうと思う。
娘はまごうかたなき純潔の乙女としてこの世に生を受けたのであるが、
何故だかやたらと電車や車の類いを好むのである。
電車、新幹線、バス、乗用車、郵便車、救急車、消防車、パトカー、そして飛行機・・・
なぜであろう。なぜ彼女はこれほどまでに乗り物に惹かれるのか。
私が頭を捻ってみたところでその答えには行き当たりそうにもないので、
私は考える事を早々に放棄し、娘が好きなのであればそれを潔く認め受け入れ、
なんなら一族総出で娘の趣味嗜好を後押ししようと決意した。
そうそう、この盆の間にも、
我々はわざわざ京都駅まで娘に新幹線を見せにも出かけたのだ。とても暑かった。そして人も多かった。
暑かったし人も多かったけれど、娘はそんなことしったこっちゃない。
仕舞いには娘、車で来たのに、電車で帰ると言い出す始末。
実にフリーダムなお年頃である。

実のところ、私は、娘には何かジェンダーという意味で 倒錯した特質があるのではなかろうかと
やや心配になることもあったのであるが、 それも取り越し苦労であった。
最近の娘のマイブームはままごとなのだ。
私が毎日愛おしい家族のために、
川越達也もびっくり仰天の天下一品三ツ星晩御飯を創作するため我が両腕を唸らせている間にも、
彼女は私を真似て、 どこからか食事用のエプロンを取り出しそれを装着し、
おもちゃの鍋フライパン包丁を片手にトントンカタカタやっておる。
「できたよ」と愛らしい声で私を呼び、私の口元におもちゃの料理を運び、
「まだたべる?」と尋ねては、また私の口元におもちゃの料理を甲斐甲斐しく運んでくる。
ちなみにこの「まだ食べる?」はほとんどの場合、強制である。
おかわりをしないことは決して許されず、我々にその権利もない。

夫の方は、もうそんな娘にメロメロのメロンパンナ。
二言目には「何と愛らしい娘であろうか!」とおのが娘を絶賛賞賛の嵐。
微笑ましいことではあるが、父たるもの、
ただ娘の前でだらしなく鼻の下を伸ばしてばかりおられても困る。
よって私はそんな夫の前で堂々と、
前回ご紹介した『お父さんがキモい理由を説明するね』を読むのである。
いずれ必ずや訪れるであろうその時のために、
男として今から覚悟を固めておくのは決して悪い事ではないと思うのであるが如何であろう。
私はこの書籍を夫にも執拗に勧めている。
読んでおけば、娘に「キモイ」と言われたくらいでは決して動じることのない
不動明王のような精神を手にする事ができるやもしれぬ。 魂の鍛錬である。心の準備とも言う。
これを読んで、夫にはぜひとも、
「百戦錬磨のお父さん」の座を手に入れて欲しいと切に願っている。

夏は短い。が油断召されるな。
夏などすぐに終わる、 よって我はそれをいとも容易く乗り切ることが出来るという慢心こそが、
私のような慢性的な体調不良を招く。
よって君にはくれぐれも己の体調管理に細心の注意を払うよう勧めておく。
では、我が腹の天候もいよいよ再び下り坂であるので、今日はこれにて失敬致す。

敬具。
ウイルス性胃腸炎かもしれないじゅいえ

数少ない当ブログの読者様
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

お手紙うけとりました。

高速道路のOPP (おなかピーピー)やばい!!やばかったですね!
決壊しなくてよかった…
しかし散々なお盆でしたね。お疲れ様です。
義兄の奥さんの実家って、交友広いですね!
すごいです。

私の娘も、乗り物もおままごとも好きです。

あれ…なんかつまんないコメントになってしまいました。
すみません。

>とり子さん

拝復。

とり子さん!
高速道路のOPP、初体験でしたが、あれはかなり崖っぷち体験でした・・・
もう二度とあんな思いはしたくないです。
ビオフェルミン飲むのを習慣にしようかと思っています。
もしくはヨーグルト・・・

義兄の奥さんのご実家、私もお誘いを受けたときにはたまげました!
義兄の奥さんのご両親にお会いするのも、義兄の結婚式以来・・・
ほんとに行っていいのかちょっとビクビクしながら、
前夜もかなり緊張して、行ってみたのですが・・・
行ってみると、日本の古き良き農村という雰囲気のところで、
家族と縁のある人は家族、家族の友達も家族、
なんなら隣近所も皆家族って感じで、かなりコミュニティの結束度ハンパない感じでした。
結構、楽しかったです・・・

とり子さんの娘さんも乗り物好きなんですね!
これからの女子は乗り物系にも詳しいってのが主流になるんでしょうか!
本屋で男の子の読みそうな書籍のコーナーに居座るのはちょっと複雑な気もしますが・・・
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。