03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

生け贄。

2014.08.22 23:38|母と私。
娘がまた熱を出している。
今月、3回目・・・
こんなに頻繁に熱を出したのは娘史上初だ・・・
なんだか心配でソワソワして、落ち着かない。
結構ぐずっていた。
私のやること成すことをすべて拒否し、
「ママはいや!パパがいい!」つって、
なんでか知らんけど、私嫌われている。
娘は体調を崩したり、機嫌を損ねたりすると、私を拒否し出す。
まあこれは今に始まったことじゃなく、なぜだか知らんが、娘の行動パターンなのだ。
そして今は旦那にへんばりついて寝ている・・・暑苦しい・・・
私の寝る場所が、今夜も見当たらない・・・
ええねんけどな、別に。

今朝起きた時、娘の顔の感じがいつもと違う気がして、
なんだかハイテンションにやたら喋りまくって元気っぽかったけど、
体はめちゃくちゃ熱く、「やったなこれ・・・」と思って熱を測ると39℃だった。
脇の下を冷やしたりして、日中は37℃台まで下がってたけど、夕方からまたずっと39℃・・・
なんか、ほんと、熱発くらいよくあることなんだけど、気が気じゃない。
座薬使おうかめちゃくちゃ迷った。
けれどまた、ネットの誰の意見か分かんないような意見を参考にして使ってない。
明日もまだ下がってなかったら病院連れて行く。下がってないんだろうな・・・

母から電話かかってきたので、娘がまた熱を出していることを話すと、
「あんたがあまり外に連れて行ったりしてないからよ」的なことを言われて、地味に傷つく・・・
いや、その通りなんだけど。
最近、また暑さを言い訳にして引きこもりがちですけど・・・
でもそれって関係あんの?
いや、まったく関係なくはないのかもしれないけどさ・・・
でも私はどちらかというと、
娘がプールで他のお子さんに接触したりする機会が増えたからかなあと思ってる、むしろ。
そういうのがぜんぜんなかった0歳代、1歳代は、ほんと、娘病気知らずだった。
それにしても、なんでこのタイミングで母に責められないといけないのか、分かんない・・・

昨日も母と会ってたけど、母は結構、さらりと余計なことを言うタイプで、
それで私、地味にカチンときたりするけど、例によって反論できない・・・
いちいち噛み付くのも、柄じゃないし。第一面倒だ、後々の処理が。
娘が居間でタオルにくるまって寝ていたら、
「あら、娘ちゃんタオルとゴミの中から登場ね」とか言ってくるし・・・
ゴミの中って・・・我が娘の家だけど仮にも人の家で、失礼でないか・・・?
私的には片付けているつもりだけど、母にはそうは見えないらしい。
娘が頑固だったりこだわったりする一面を見せると、
「娘ちゃんちょっと性格に問題あるんじゃない?」とか言ってくるし・・・しかも娘の前で。
私が着替えているところを目にして、「痩せた?」と訊いてきたから「6キロ痩せたよ」と言えば、
「ちょっとやばいわよ、病気なんじゃない?」とか言ってくるし・・・

なんか、本人は悪気はないんだけど、
ちょっと冗談のつもりで言うようなこととか、心配をしすぎるあまりに言うこと、
そういう発言のひとつひとつにいちいち傷つくし、がっかりさせられる。
って、私も、こんなとこでぐちぐち言ってないで母に言ったらいいんだけど。
でも言えばどうなるのか・・・
母は自分がやったことよりも、されたことにものすごく敏感だからなあ・・・
言わない方が平和なのよ、結局。
これ絶対、母、普段から周りの人にもやっちゃってんだろうなあ・・・
なんかもう、恥ずかしいんだか、可哀想なんだか・・・
前もどこかに書いたかもしれないけど、母が生んだのが私という娘ひとりで良かったと思う。
息子だったら、絶対母、その嫁と対立してるわ。うまくいくはずがないわ・・・

旦那は、「お母さんはそう言う人なんや」と言う。
旦那曰く、私の母と自分の祖母がよく似ているのだという。
本人は、そこまで人を傷つけるようなことを言ってるつもりはない、
けれど、結構人はそれで傷ついている、所謂「一言多い」、みたいな人なんだと。
「それはこの先も直らないから、それはそれとして、やっていくしかないよ」だってさ。
「だってお母さんなんだし」
なんで旦那ってば、私よりも免疫高いんだ・・・

母の実家の話。
従兄弟が嫁子と出て行ってしまったよう・・・
虚しいな。
叔父さんと叔母さんの気持ちを考えると、いたたまれぬ・・・
詳しく話を聞くと、そもそもなんでそこまでこじれたの?って感じの些細なことの積み重ね、
というかすれ違いでこういう自体に陥っていて、
いろんなところでいろんな人が意地を張って、行き違って、感情が縺れて、こうなった感じ。
でも叔父はものすごく今回のことで怒っていて、嫁を二度と家に入れる気はないのだそう。
そして、嫁さん、妊娠していた・・・従兄弟の子を・・・
それなのに、出て行かないといけないこの状況・・・
母は嫁が出て行ったことを喜んでいる。
この争いの種も、大元のところでは、母が蒔いたような気がする、私。
母のDNAに組み込まれている、「家を守ることがすべて」という行動原理。
そして、家に相応しくない嫁を入れるわけにはいかない、という執念。
その執念が、叔父たちの間に「相手に対する不信」という種を蒔き、
そして今回の事態が起こっても、逐一「私はこう思う」「こうしろああしろ」と叔父たちに言うことで、
諍いの火に油を注いだように、私には見える・・・
母はそうやって、無意識に人をコントロールする人だから。
でもそのことに誰も気がついてない。こわいよ・・・こわい・・・

従兄弟が出て行ったことで、実質跡継ぎがいなくなってしまった母の実家。
叔父も、「自分の代で家を潰すことになるなんて無念すぎる」と話していたらしい。
その気持ちは私にはよくわからない。
私には今、娘しかいないし、この先子供が娘ひとりで、娘が嫁ぐことで最終的に我が家の血筋が絶えても、
あまりそれに対して残念だ、って気持ちは湧かなかったりする・・・
娘が生きて、誰かと結婚して、運良く子供を授かれば、それだけで十分だなと思う。
けれど、大昔から「家を守る」ことが自分の人生や健康よりも大事だった人たちは違うんだろう。
家が潰れてしまうことは、イコール自分の成してきたすべてのことが無に帰す、
くらいの大事なんだろな・・・

そして母がまたここで、頓珍漢なことを言ってた。

「私ももうひとり子供生んでおけばよかった。
 その子が男なら実家に養子に出して、実家の跡を継がせるのに」

・・・なんと!
私はしばらく、空いた口が塞がらなかった。
これが母の中に組み込まれたDNAよ・・・
家を守りたいという執念の炎をまたも垣間見た・・・
今更言ったってどうにもならない話だし、
それ以前に、その子固有の人格や人生を否定してるよアンタ・・・
しかも我が子だよ?アンタ・・・
まじで言ってんの・・・

で、さすがに私もそれを聞いて居たたまれなくなって、
「自分の産み育てた子を、弟と言えどもそう簡単にはやれないよ」と言っておいた。
私なら娘を人様にやるなんて絶対に無理だし、
たとえ娘の他に何人子供がいようとどの子に対しても同じくそう思うであろう。
母も子が私ひとりだから、想像できていない、とか言う問題じゃないレベルの発言よ・・・
いやむしろ、産んでいないからこそ言えるのか・・・?
それでもまた昨日も「もうひとり産んで養子にしていたら・・・」みたいなことを言うので、
「その子にはその子の人生があるんだから、拒否されたら終わりだし、拒否するよきっと」
と言っておいた。
母は自分の育った家を守るためなら、我が子を生け贄にすることすら厭わない。
守るため、という思いは深く、強烈だ。
なんだか、時代錯誤も甚だしい。
(従兄弟も私と同い年で、育ってきた環境は違うけれど、
 ひょっとしてそういうことすべてが重荷だったりは、しなかったのだろうか・・・
 幸せになってほしい・・・)

私つくづく、さっさと結婚しておいて良かったと思うのだった・・・
そういえば、私が結婚してからも、
「家に跡継ぎがいなくなったら、じゅいえが家の管理くらいならできるわ」
とか勝手に叔父に言っていたことがあって、ぞっとしたことがあるのを思い出した、今。

ああ、なんだかまた母の愚痴になってしまった。
最近、こんなばっかだな・・・
溜まってるな、私も・・・
いつも長々すみませぬ・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。