10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

一握りの癒し

2014.09.08 19:21|育児の辛さ吐露し隊。
明日、9月9日は重陽の節句(菊の節句)なのだそう。
特に何をするわけでもないけれど、
その日には栗とか茄子とか、秋らしいものを食すらしく、
とりあえず栗と茄子、買ってみた。
明日は栗ご飯と茄子の揚げ浸しなどなどをしようと思う。

この節句とは何ら関係はないが、数日前より私、菊花茶にハマっている。
この菊花茶、旦那が中国に出張した際に、向こうの物々しい店構えのお茶屋で、
いかにもって感じの怪しげな老婆から結構な金を出して買ってきたものだ。
(ちなみに旦那が向こうで受けるマッサージ屋の按摩は盲目の老人だったりする…
それが的確にツボをついてくるのだから、怪しすぎて怖い…)
今まであんま、ふーん、って感じで興味を持たずにいた私、
先日台所を整理した際その茶缶を発見し、
「あ、そういえば…」となって試しに入れてみることにした。
そうするとこれが!美味よ!
そしてなんともまあ良い香り。
香りがすごいんだわ。
ふわ〜んとした柔らかい菊の香りが漂って、気分は優雅な貴婦人的なさ。
しかもその貴婦人はチャイナドレスよ。
私、純銀のオリエンタルな茶器で優雅に菊花茶を注ぎ入れて、
膝にはシャムだかペルシャだかの翡翠色の目をした猫を抱く、チャイナドレスの中国マダムよ…

まあ、冴えない妄想はそれくらいにして。
ここ数日、私があまりにも熱心に飲むものだから、ついに娘も興味を持ち、
のんでみたいと言うので与えてみたところ、娘も一瞬で虜よ。
ふわ〜ん、なあにこれ、いいにおい〜って感じで。
それから麦茶を全力拒否で、菊花茶がええ、なんて言われる。贅沢ものよ。
しかし、二歳の娘に花茶なんて、ええのかしら…。
だけどこうして、一握りの菊の花から注いだ茶を飲む瞬間だけが、
私の心の休まる時間なのだ。

さて。
子育て事情は相変わらずキツイのであった。

この前、娘が義実家のトイレにて初めて排便することに成功した。
昨日は自宅のトイレにて、初めて排尿した。
昨日はトイレから出てきた旦那の姿を見て、
「みーたんもトイレいくう!」つってトイレに小走りで向かったのだった。
あ、娘は我々がそう呼ぶので、自分のことを「みーたん」と呼びます、ハイ。
そして私を誘い、補助便座をセットさせ、
しばらくはいつものように座りながらトイレットペーパーを巻き取る遊びに興じ、
また私を諦めの境地に誘いかけたのだが、そのまま放っておくと、
情けないほどのチョロチョロ…という微音とともに、便器に排尿したのだった。
娘は自分の股間に注目し、「あ、でたー!すごぉい!!」と絶叫。
私も嬉しさのあまりちびりかけた。
旦那にも報告して、旦那も同じく喜んだ。お祭り騒ぎで大袈裟に娘の排泄を褒め称えた。
一時の達成感に我々は酔いしれた。

…しかし今日よ。
もうこれ、俄然やる気になって私もトイレに娘を誘うけれど、
タイミングが未だに分かっていない私はことごとく外すのよ。
誘った時にはすでに排尿済みよね、そりゃさ、出ないって。
で、娘は相変わらずトイレにてすることと言えば、紙を巻き取る遊びだけよ。
無意味で無駄銭な非生産的遊びに興じるだけ。
もうむしろ、私から誘わない方がいいのかも。
そう思ってこれまでもちょっと、娘を誘うのはやめてたんだけど、
娘は大の方は教えてくれるようになったし、見た目にも分かりやすいんだけど、
小は相変わらずいつやってんのか分からない。
そして誘わなければトイレにはやっぱり行かないよね…分かってたけどさ…
私にやる気がないのか、娘にやる気がないのか、その両方なのか…。

あと、最近何でも自分でやりたい感が半端なく、しんどい。
自分が出来ないことまで自分でやりたがって
ものすごい時間を食ったり無駄に散らかしたりするのもしんどいんだわ。
そういうのは成長の過程として重要なことなんだろうけど、
後始末が増えて他のことが進まないとやっぱものすごいしんどくなる。
これを喜べる度量の大きさを備えた母って、どれくらいいるんだろうか…

反抗期だしさ…
じゃくじゃくあまのじゃくの歌を地でいってるわ、娘。
全部否定語をつけるし、否定語つけすぎて、結局肯定になってたりするし。
「ハミガキしろ!」
「やや!」
「ママがしたるやん!」
「いやや!しないじゃないやろ!?」みたいな。どっちやねん。

まあとにかく、なんかものすごくしんどい。
しんどすぎて呼吸が浅くなるので、気分転換に外に行く。
風や空の明るさは気持ちがいいけれど、
やっぱり他の子供やお母さんの集団との関わり方が分からなすぎてしんどい。
てか、絡めない。
絡めなさ加減に、更に拍車がかかって、もう目すら合わせられず居り辛すぎてコソコソと退散する私…
そんなときに娘に「あそぶ!」「こーえんいきたい!」とか言われるとつらすぎて死にそうになる…
娘に一緒に遊べる子が必要なのは痛いほど分かるんだけど、
私がどうしていいかわからない…相手の子、大きいし…

昼寝から泣きながら起きたり、欲求が受け入れられずにしつこく泣いたり、
そういうときもしんどくて押しつぶされそうになる。

なんだろうな、娘より大切なものなんてないはずなのに、
私は何を大切にしようとして、こんなにも、心の中で娘を傷つけているんだろう。

月曜はしんどいね。
旦那が休みだと、やっぱり楽なんだわ。
旦那が帰ってきた後も、直前まで息苦しくて娘にもイラついていても、一瞬で変わる。
娘がただ愛おしい一人の母親になれる。
旦那に何かを頼んだって、「俺もしんどいよー」とか言って断られるときもあるけれど、
何をするわけでなくても、そこにいるだけでただ意味がある、あいつは。
いざとなったら投げられる安心感というか、娘の相手をして娘を喜ばせられる存在感というか…

次の休みが待ち遠しいなあ。
旦那がいないとまともな母性も引き出せない私っていうのは、なんなんでしょう…
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。