10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

じゅあん改めまめ子。

2014.09.10 18:35|育児の辛さ吐露し隊。
ああ、相変わらず娘の存在によって我が3LDKにもたらされる苦行というか鍛錬というか。
ことごとく私を否定しにかかることがマイブームな娘との何気ない会話にすらストレスが溜まる。
手当り次第に娘の大切にしているぬいぐるみたちを
ベランダの窓から道路に向かって放り投げたい衝動にも駆られるが、
たぶんそのようなことをしても娘は応えない。
おやまあかあさま、一体どうしたのそのような蛮行に走ったりして。
ご近所の人に見られたらいい笑い者ね、ま、私には関係ないけど。的な感じに受け流されること請け合い。

そう。
娘は応えないのである、一向に。
私が怒りに任せて怒鳴ったり、時には滔々と捲し立てたり、またある時には切に言い聞かせたりしても、
彼女にはそれに感化される気配はないのである。
そしてまた同じことを繰り返す。
同じことを繰り返し、同じことを繰り返されたことにまたむやみやたらに立腹する私に怒鳴られようが、
まったく傷ついたり悄気返ったりする素振りも見せず、飄々と次なる主戦場へとその身を翻すのである。
そこは台所であったり、食卓であったり、居間であったり、風呂であったり。
もう、いい加減にしてくれ、娘よ。
私もいい加減に、己の心の平安を取り戻したいのだ、かつてのごとく。

ってな感じで、この娘の反抗期というか、悪鬼のごとき所業の数々というか、
もうなんだどうしたどうすればいいんだ。
会話するだけでもイラつくとは一体どういうことだ。

娘「どんぐりたべよーっと」
私「どんぐりなんて食べちゃダメよ」
娘「いや!どんぐりたべる!」
私「苦いよ」
娘「にがくない!」
私「あっそ。じゃあ食べな」
娘「たべない!!」
私「そうそう、食べちゃダメよ」
娘「たべちゃだめじゃないっ!!」

こんな感じよ。すべての会話がこんな感じよ。
少し前まで、イヤイヤ期の中にもわずかながらにあった素直さ純真さすら、今ではもう見る影も無い。
素直で天使のように愛らしい「はーい」という返事を返してくれていた娘よ、おまえは今何処・・・

とにかく、私は私自身の精神がだんだんと荒廃の一途を辿って行くのをひしひしと感じる。
この心の底にヘドロのように蓄積され滞留している苛立ちや怒りの感情を、
そのままの形で娘にぶつけてしまえば、
恐らくそれは最悪の場合娘の命をも奪う凄惨な虐待へと発展もしかねない。
ので、私はそれをそのままの形で娘にぶつけるわけにもいかず、
かといってではどのような形でぶつけるべきかもわからず、
結局のところ、己の胸の内で滞留させておくに留めるしかない。
その状態でいるところにまた、娘は私の目の前で私のズタボロの心を弄ぶかのごとく、
悪行を淀みなく遂行していく。借金の取り立て屋のようである。血も涙もない。
娘によって遂行された悪行の残骸を前に、私は地団駄踏んで悔しがる。
おのれ!ブッ叩くぞこのクソガキが!!
これでも食らえー!
と、ぬいぐるみを娘にヒットさせるべく豪腕を振りかざすが、それはすべて私の脳内の妄想なのである。
危ない妄想。
実行に移さずに済みますように・・・
いや、済まさなければならない・・・

まあそんなこんなで毎日大変よ。大変でもう・・・ね・・・
誰か助けて、なんで私子供なんて産んだんだろう、そんなに欲しかった?え?
ただヤったら出来たよくらいのノリだったじゃないか、
毎朝毎夕、子授けの神に向かって両手を摺り合わせて拝んだりしたか?
コウノトリよどうか我々のもとへ天よりの贈り物を、なんつって空に願を掛けたりしたか?
そのようなことまったくした覚えはない。
そこまで子供を切望した覚えもない。
それというのはつまり、その程度の覚悟しかない私なんぞに子供を産み育てる資格や度量や忍耐など、
そもそも備わっていなかったのではないのか、そういうことじゃあなかろうか、
なるほどそれなら説明がつく、こんなにも毎日、愛くるしい、
いや愛されてしかるべき娘に対して苛立ちを募らせるばかりでなく、
娘をぶちのめす妄想を脳内で繰り広げているというのはそういうことなのだ、
つまり私には忍耐というものがまるでないのだ、
ついでに言うと母性も足りていない、それはつまり母親の風上にもおけない、
子孫を残し未来へ託すという人類普遍の目的を成し遂げようとしているのにも拘らず、
それが苦行としか感じられないとは、私はつまり、
人間として失格の烙印を押されても当然だ、人間のクズだ。
母親失格である上、人間のクズとは。
しかも働きもせずただ家におるだけの身で、唯一の仕事と言えば子育てと家事であるのに、
それすらもめんどくせえ逃げたいなどと考えている私というのは、
果たして、生きて生かされているべきであろうか。
いやでも死にたくはない、死にたくはないよう。

・・・ごめんなさい、ちょっと頭おかしくなっていますね、今。
とにかく、しんどい。
娘が叱ってもそれに心動かされないどころか、それを真っ向から否定してくる姿勢がしんどい。
「〜しちゃだめでしょ!」
「だめじゃないよ!」
とか言われたらもうね、え、だめじゃない、え・・・うん?
うん、そうかな・・・そうかも・・・そもそもなんでだめなんだろう、
だめとか言うのはむしろこちら側の都合であって、
それは本当に真実なのか、全人類に共通する普遍の真理なのか・・・
いや、たまたまそれが私にとって不都合だからその尺度に無理矢理娘をウンヌンカンヌン・・・
みたいになってしまって、それ以上私もぐうの音も出なくなってしまうのです情けないことですが。
というか、こっちのだめだよ、ってのを全く理解されないと、もうね、
怒る気力すらだんだんと削げて行ってね、だったらもう好きにしろよ、ご勝手に、ご自由に・・・
みたいな投げやりな気持ちに最終的には落ち着くのだよ。
そういう毎日。

ですが、今日ちょっと久しぶりに笑うことがあって。
すごいちっぽけなくだらないことですが。
娘は豆類とかナッツ類がものすごく好きでして、
カシューナッツやピーナッツ、豆菓子、節分のときに蒔くような大豆、
茹でた枝豆や甘辛い豆の煮物も大好き。
とにかく、豆には目がない。
それで、今日ももぐもぐとひたすら豆を食っておったんですが、ついに茶碗の底をつき、
「もっとまめたべるー」と言ってきたのです。
私は、「えー。もう豆ばっか食べ過ぎや。もうないで。もうええ」って言って断ったのですが、
娘はそれを効いて半泣きで「まめーまめーまめーまめええええ!!」とグダグダと駄々を捏ねていました。
あまりにも娘がまめまめ言うので、おのれっ!豆みたいな顔しやがって!と思い、
とりあえずぐうの音もでないほどくすぐり倒しておいたのですが、
それでも「まめー・・・」と言って食い下がるのがなんだか無性に面白く、
娘が豆のように見えてきたので、これからは娘に「まめ子」と渾名することにしました。
ということで、ここでもじゅあん改めまめ子に致したいと思います。一体誰に対する宣言なのやら。
今後とも私とまめ子をどうぞよろしくお願い申し上げます。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

豆、体にいいしいいじゃないですか!
まめ子って名前いいですね。カワイイ!

>とり子さん

お返事大変遅くなりました…お許しを…

いやあ、実にまめまめしいヤツです、我が娘。
おかげで今では冷凍庫に枝豆のストックが…。
他にも最近、肉の旨さもわかってきたようで…
牛乳もないと生きていけないレベルで好きでして…
タンパク質ばっかりな娘です…
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。