03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

ありがとうって言われたときの衝撃。

2014.09.19 15:28|2歳〜2歳半
最近、娘はBRIOに大変お熱で、私はそんな娘のためにBRIOを買った。
Amazonで。
Amazonで買うとちょっとばかりお安い。

娘がブリオ出会ったのは、家にもともとあったIKEAのレールシステムを見た父が、
娘にブリオの電池で動く汽車を買ってくれたのがきっかけ。
それ以来娘はおもちゃ売り場などにあるブリオを目ざとく見つけ、
ディスプレイで一心不乱に遊ぶようになった。

そんな娘がこの度新たにゲットしたブリオはこれ。
20140919142444612.jpg
黄色い地下鉄。
これ結構かわいい。なんか日本の電車にはない可愛らしさというか、ポップな感じがいいなあ。
娘も結構気に入って遊んでいる。
今年のクリスマス、まだ娘がクリスマスなるものに現を抜かすようになっているとは思えないが、
またブリオをプレゼントするかも知れぬ。


さあて。
相変わらずな娘と私の日々、絶賛継続中なわけです。
旦那が居る時は私の気持ちに余裕があるからか、娘にも穏やかに接することができるし、
娘を単純にすごい、可愛いなって思える。
けれども、旦那が家にいない時の、私の娘に対する態度とはもうものすごいギャップがあると、
自分でも気がついてしまった・・・ああ、おぞましい。

毎日娘がまとわりついてくるのがもう、うざったくて仕方がない。
ああ、私ったらまたこんなこと書いてる。
どんな鬼やねん、私。
けれど、もうどうしようもない。息苦しい。どうしたらいいのかわからない。
家事をしていても、すべての場所に娘がついてきて、同じようにやろうとする。
それを可愛いヤツめ…だなんて思えないわけですよ。
頼むからあっちへ行っておくれ、邪魔をしないでおくれ、ってなる。
そして娘はほぼ毎日何かをぶちまける。
水、茶、牛乳・・・。どれだけ「注意してね」って言っても毎日やらかす。
私の話聞いてないの!?ってなる。
毎日毎日、悪びれる様子もない娘に心底イライラしながらせっせせっせと後始末。
今日もやられた。
今日はなぜか座っている私の腿の上に茶を置こうとして、からの〜、零された。
いや、まじで、冷たいよ姉さん・・・
なぜ。
どうしてそうなったの?
なんでそこに置くの?
零れるよねそりゃ、わかんなかったの?
メンドクサイよ!メンドクサイ!!
あーーーーーー!
めんどくさーーーーーーーーい!!!!!!!!!!

・・・って感じで私はまた益々イライラを溜め込むのであった。
二歳児だよ?そんなもんでしょ。
わかってんだけどね。
わかってはいてもこうも毎日続くとイライラは抑えきれない。
なんで何回言ってもそうなるの?
どんだけ不注意なの?
なに、発達障害かなんかなの?
って、頭の中で娘のことを罵りまくる。ひどい。いろんな意味でひどい。

ああ、いかん。
私またこうしてブログで己の未熟さ幼稚さをバカさ加減を不特定多数に向けて発信している・・・

わかってる。
全部原因は私にあるってことくらいとっくに。
私の物の考え方、構え方、私の日々の生活の中で勝手に達成されるべきと定められている水準、
それらすべてを娘のために放棄できない自分のせいだってことはとっくに気がついている。
全部かなぐり捨ててしまうべきだ。
そんなものを守ることよりも娘を抱きしめることのほうがよほど重要だ。
娘より優先されるべきものなんて何もない。
そんなことはわかってるけれども、私はなかなか自分を捨てられない。
子育てって、結局、自分の中ですでに築き上げられているものを子供のために崩壊させることだ。
そして再構築。子供を自分の中に取り込んで、いや、あるいは子供に自分を取り込まれて、
お互いにとって良い形となるように作り替えること。
それの繰り返し。
この作業、特に私のような性格の人間にとってはものすごく苦しい。
ふたりめ、どうしよう、なんて悠長に悩んでいる場合じゃない。
ふたりめ、とんでもない。
無理すぎる・・・

なんか毎日、どことなく仏頂面になってしまっている私。
娘が大人の顔色を伺うような子になってしまうかもしれないのに、私のせいで・・・
そんなこと、絶対にあってはならないのに・・・
娘も応えてないフリしてるだけで、実はいろいろと蓄積されてしまってるのかもしれないのに・・・
私の子育ての歯車は、やっぱり毎日を積み重ねるごとに少しずつズレていく。
そのズレがやがて大きなズレとなって、決定的な後悔を生んでしまう気がする。

しかし。

ある日、また内心で、娘に対してイライラしたり、同時に娘に対してものすごい罪悪感を感じながら、
夕食の支度をしているときのことだった。
突然娘が居間から小走りでやってきて、後ろから私にぎゅっと抱きついてきた。
そして私が「え、なに?」と思う間もなく、娘が私にこう言ったのだった。

「ありがとー」

私が突然のことにちょっと固まっていると、娘はもう一度はっきりと言った。

「ママ、ありがとー」

その言葉を認識した途端、私の中のイライラとか罪悪感とか、そんなものが一気に霧散霧消して、
ただ純粋に温かい気持ちが溢れて、まるでささくれだった心にサカムケアを塗られたみたいになった。
それくらい、娘の思いがけずまた脈絡のない『ぎゅーっ』と『ありがとう』は強烈だった。
私もしゃがんで娘を抱きしめ返した。
「ママも、ありがとう。毎日元気でいてくれてありがとう」と、心から娘にそう言えた。
ごめんなさいね、超クサい感じですけど。
鳥肌立ってる人いたら、まじでほんと、ごめんなさい。
いや、うちらも、毎日こんな芝居がかったことやってんじゃないのよ、ほんと。
この時はたまたま、そういうことが起こったの。
しかしこの時思えた。
ああ、大丈夫だわ。
私、娘のことはちゃんと愛しているんだわ、本当は、本当に。
そして娘も分かっているんだわ、まだ二歳のくせに、いろいろと知っているんだ私の気持ちとか全部。
そう思うと、恥ずかしくなるような、嬉しくなるような。
それにしてもなんという絶妙なタイミングだろうか!
こういうことができる娘って実はものすごい空気読めるタイプなんじゃなかろうか!

それでもやっぱり今日も同じように「こいつううううう…」と娘に対して腹を立ててはいるけれど。
やっぱり・・・。
そりゃあね、そんなことが一回くらいあったからって、
やっぱり娘に対してまったくイライラしなくなるなんて都合の良すぎることはないのですわ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。