10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

私は私なの!

2014.09.25 23:53|母と私。
最近、私の母について綴ることも増えてきたので、新しく「母と私。」カテを作りました。
毒親である母と、母に対する私の今の思いなどを誰にともなく綴ります。
ここに入る記事はもれなくかなり長文(それだけ私の思いが深い)となりますので、
しかも読んでいても結構どよーんとした内容で不快になられる方も、
(このカテに限ったことではありませんが)いらっしゃるかもしれませんので、
一応ご留意願います。言われなくても嫌なら読みませんよね、失礼しました。



今日は娘と母と一緒に出かけてきた。
最近、母にあまり優しくできない。
どちらかというと、少しそっけない態度を取ってしまっている。
やっぱり、母とのことが、少し重荷になってしまっているんだろう、私。

母のコントロール下から、私は少しずつ抜け出そうとしてる。
今更、今になって、やっと。
母は私を支配したいんだ、縛りたいんだ、
そう気がついたのは恥ずかしいことだけれど、ほんとここ数年での話。
最近、ひとりで風呂に入っているときや、夜、床に就いたときなどには、母のことを考えてしまう。
母と今まで過ごしてきた長い歳月の中で、私が母に言われたこと、されたこと、
そのことを今更ながらに思い出して、疑って、そして憎んだり、腹が立ったり、悲しんだりしている。

母は、私を母自身とは違うひとりの人間として認めている、なんて口では言いながら、
私のあれこれを自分の思う通りになるよう操ってきたと思う。
今ならおかしいと気がつけることも、その当時は私、まったく疑ってもいなかった。
母の見方が自分の見方、みたいなもんだった。
そのせいで、壊れた友人関係もあった。
今になっては恐ろしく、取り返しのつかない過ちだったと思う。
でも、一度壊れた物は後からどれほど取り繕ってみても、うまくいかない。ことに人間関係においては。
母は私の友人関係でさえもコントロールしようとしてきた。
たぶん本人は無意識だ。
無意識だけれど、その時その時で、
私が最も仲良くしている友人については必ずネガティブなことを言っていた。
小中学校の時の親友は、その子本人のことはお気に召していたようだけれど、
その子の母親のことを悪く言っていた。
でもそれは母のたぶん、思い込み。今ではそう思う。
で、今では親友本人のことも、たまに悪く言っている。でもそれもまったくの思い込みだと思う。
高校の時の親友も、やはりもれなく悪く言われていた。
さすがに大学ともなると、直接私が付き合っている人に会うこともなくなるので、
そういうことはなかったけれど。
ここまで重なると、無意識ながら確信的と思ったりもする。
そんなね、あなたのお眼鏡に叶う完璧な人間なんて、どこにもいないってのに。

旦那も、母が会った時にたまたま旦那のトーンがいつもより少しでも低いと、
機嫌を損ねている、自分をうっとうしいと思っていると勘違いして、
大変な鎧を着込む。そして攻撃的になる。
「なんなのあの態度!気分悪いわ!」とかって、私に言ってくる。
本当に、疲れる、ていうか、がっかりする。
私の旦那だよ。悪く言わないで。って思う。てか、それあんたの思い込みだし。
母は今思えば、昔から寸分も違わずこういう思考回路を持った人で、
そして私に必要以上の影響力をもたらそうとする人だった。


さて今日は、母が箪笥の肥としている着物を仕立て直して私に譲りたいというので、
一緒に呉服屋へ出かけた。

「自分は一度くらいしか袖を通さなかったけれど、
 もう柄も自分には合わないし、これからはあんたが着ればいいわ。
 色も染め直してあんたの好きなのにすればいいし」

・・・なんて言われて、おおっと母にしては珍しいなんて思ったけれど、別に珍しくなんてなかった。
母ってば、最初は私の意見を尊重する的なことを言っておいて、
いざの段になれば、必ず自分の意見をぶっこんでそれをぐいぐい押し通そうとする人だった・・・
私、そのこと一瞬忘れてた。けれどもやっぱりそうだった。思い出した。

店で、私が選んだ色の布地を私の肩にかけ、雰囲気を見ている時のこと。
母が別の色を指差し、「私はこっちのほうが好きだけど」と言い出した。
・・・来た、来た、来た。
なんというか、お決まりのパターンだ。
だけれども、その色はあまりにも地味というか渋過ぎて、
なんというかおばあちゃんぽい色で、私は嫌だった。
店員さんもその色を一応合わせてくれたけれど、
「やっぱりこっち(私の選んだ方)のほうがいいですね」と言ってくれた。
すると母、その言葉が自分の意見に賛同した言葉だと都合良く受け取り、
「ね!ね!やっぱりそうでしょう!そっちのほうがいいわよね!」とグイグイくる・・・
店員さん、「え、え・・・」と困惑。

これまでの私だったらどうだっただろう。
思い返してみた。
昔は母とよく服を買いに行った。
母と意見が分かれることはよくあった。
こっちがいいって!と母に推され、結局私はいつも母の言う通りにしてきたし、
そうすることに何の疑いも抱いていなかった気がする。
たった一度だけ・・・一度だけ自分の意見を押し通して、母の嫌がる服を選んだことがあった。
けれど、その場で母の機嫌は急降下し、今まで楽しく会話してた店員さんにもそっぽを向いて、
勝手にすればって感じでどこかに座りに行ったことがあった。
その時は、私が店員さんに母の非礼を詫びた。
後味の悪いような、恥ずかしいような・・・なんとも言えない苦い思い出だ。

今日も母が自分の意見を押し付けてくる展開になるのは予想済だった。
なぜならつい先日も、美容院で同じようなことがあったからだ。
娘の七五三のときに私も着物を着ることになっており、
そのための着付けや髪のセット、娘の髪結いをする美容院は、
いつの間にか母が通う美容院に決まっていた。
場所は私の自宅から近いし、料金にも納得できたのでそれはそれで良いのだけれど、
先日母に連れられ打ち合わせに行くとやはり、私の髪型について、私の意見と母の意見が割れた。
そこは、母が常連客である美容院側。
母の肩を持つに決まっている。
で、私はなんだか押し切られてしまった。
(でも当日、やっぱこっちで!と抵抗しようと画策中)
だからもし、今日も同じようなことになったら絶対に自分の気持ちを貫き通そうと思っていた!

そして今日のその場面。
いやいや、店員さんは私の意見に賛同してくれたのよ、と主張した。
すると店員さんも「こっちの色はまだ30代の娘さんには、可哀想です・・・」と言ってくれた。
可哀想って!
それ!超強烈なパンチだ!グッジョブ店員さん!
すると母は引きつった笑顔で、「そ、そう・・・じゃああんたの好きな色にすれば?」と言った。
若干たぶん、ムッとはしてる。
ざまあみろだ。
私はこっちのほうがいいんだよ!いえい!(どんなテンション?)

まあそういうわけで、今日はちょっと母に勝った気分だ。
そうそう、最近こんな風に、ちょいちょいとやんわり反抗している。
思春期の時に惨敗した反抗期のリベンジみたいなもんだ。
母の言ったことに、「それはどうなの?」とか
「ちょっと違うんじゃない?」みたいなことを言ったりする。
母にしてみたらストレスが溜まるだろう。
今までほぼ100%、自分に賛同してくれた娘が、なんだか最近ちょくちょく歯向かってくるんだから。
だけれど、私だってもういい大人だ。
思春期のあの頃とは違う。
あくまでも、母を積極的に傷つけようとはしない。そういうやり方はとらない。
若さも勢いもないし、無謀でもないからそんなに真っ正面からガチーン!とは行かない。
そんな、魂を削るように母に歯向かったりはしない。
あくまでやんわり。さりげなく。でも確実に。

今更、母の性格とか考え方が変わるだなんて思ってない。
でもそれならそれで、私は私なのよ。せめてそれを受け入れて欲しい。
こうして私は、少しずつ、本当の意味で母から自立していくのかもしれない。
母の呪縛から少しずつしかし確実にすり抜ける。
私は私の思うように生きていい、思う通りに選んでいいんだ。いいんだよ。

こういう風に書くと、私の母、ものすごい性格の悪い、
どうしようもない極悪非道人みたいに思う人もいるかもしれないけれど、そればっかりではないんです。
こういう風に、母についてひどいことを書いた後にはやっぱり、フォローもせざるを得ない。
もしかしたらこれこそが呪縛なのかもしれないけれど、
でも娘にしてはやっぱり憎みきれない、捨てきれないんです。
だからこそ、私は本当の意味で自立して、母とは違う人間として、母の前に立たなければならない。
お互いの間にある鏡を壊さなければならない。
それは私と娘との間にあることにも影響するし、娘も巻き込んでの大変な作業になるかもしれないけれど。
でも悪いようにはきっと、作用しないと思うんだわ。
少なくとも、私の娘にとっては。

私は私!このスタンスで行く、私。
そのことを改めて決意した一日だった。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。