FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じゅいえ

Author:じゅいえ
関西在住、32歳主婦。
3歳女児と0歳男児を育てています。
性格は基本、根暗で人見知り、のくせに
寂しがり屋で自意識過剰で
なんとまあ、めんどくせえ女、です。
こんな私の個人的な
育児事情を綴ります。


IMG_0210a.jpg
Authorの娘:まめこ(仮名)
2012年6月生まれ。
生まれながらに気難しく、
神経質な性格。
短気でわがまま。
口達者で大人をしばしば驚かせる。
アナ雪、ドラえもん、シンデレラ、
プリキュアが大好き。
近頃は「しずかちゃんシンデレラ」
という謎のキャラになりきり、
脅威の演技力を発揮する。
かなりの偏食、小食。
ただいま絶賛赤ちゃん返り中。


IMG_5240.jpg
Authorの息子:まめすけ(仮名)
2015年7月生まれ。
気立ての良さを絵に描いたような赤子。
温厚、暢気、単純。
かなりの風呂好き。
でも常にミドル脂臭がする。
姉に並々ならぬ想いを寄せているが、
肝心の姉には冷たくされるか無視され、
一方的な片思いを強いられている。
たまに姉から気まぐれに
相手にされることもあるため、
その刹那的麻薬的な喜びから、
姉への想いを諦めきれずにいる。


IMG_7453.jpg
Authorの夫:旦那
33歳、技術職サラリーメン。
かなり広い心の持ち主。
細かいことは気にしない。
根に持たない。
常にプラス思考。
また柔軟な思考の持ち主。
その一方でこうと決めたら絶対譲らない
頑固な一面もある。
会社ではそろそろ責任ある立場にも
立たされつつある微妙なお年頃。

最新記事

カテゴリ

最新コメント

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

お気に入りブログ(順不同)

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

アクセスカウンター

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2

娘の本音

2014.10.30 04:13|その他雑記系
娘はすぐに、いつでもどこでもうわーっと泣ける。
涙もあっという間に出てきて、それはとめどなく頬を濡らす。
私はどこかそれを客観的に見ていて、
子供ってなんでこんなにすぐ泣けんだろ。
なんでこんな容易く涙まで流せるんだろ。って思ったりする。
そういえば、自分が最近涙を流したのはいつだったか。
数年単位で、涙なんて流してない気がする。
大人になると、本音を隠す方がずっとずっと得意になってしまって、
本音を隠した方がスムーズだったり楽だったりするから、
娘のように、誰彼構わず所構わず、感情を表に露出させるなんてこと、
いざとなると、なかなか出来なくなる。
涙なんて押し隠す。
するとそのうち、本当に泣けなくなってくる。
笑っていつも、元気で幸せで明るいフリをしてしまう。
Facebookに友達が何十人いて、何かのきっかけでそれはひとり、またひとりと増えて行くけれど、
その中で本音を話せる人なんて、一体何人いるんだろう。
相手によって受け取り方が何パターンも出来てしまうから、本音を話すことは怖くなってしまう。

ここ最近、夜は大抵旦那が娘をお風呂に入れる。
私はその間に、旦那の使った食器を片付けたり、残った家事を済ませて、
旦那と娘が先に床に就き、その間に自分もお風呂に入る。
娘は、「お風呂に行ってくるから先に寝といてね」と言うと、大抵聞き分けが良い。
そして、お風呂から上がると、本当に寝ている。
私はそれがすごく楽だ。

ところがこの日は娘がどうしても、私をお風呂に入らせてくれなかった。
私がお風呂に行こうとすると、布団から「ままあ・・・」と今にも泣きそうな心細い声が聞こえてくる。
戻って「お風呂に入るだけだよ」「どこにも行かないよ」「すぐに戻ってくるから」と言っても、
娘は首を縦には振ってくれない。
それで、じゃあ娘を寝かしつけてからと思って横に寝ても、
娘はぺちゃくちゃおしゃべりばかりして、ぜんぜん寝る気配がない。
それでも根気よく娘に付き合っていると、娘が「ママ、おふろはいってきていいよ」と言ってくれた。
いいの?と何度も確認し、娘はその度に「うん」と頷き、
私は「じゃあ行ってくるね」と立ち上がる。
脱衣所で服を脱ぎかけると、また「ままあ・・・」という泣きそうな声がする。
戻ってみると、娘は指を咥えながら、目を潤ませていた。
「なんで?いいよって言ってくれたやん」
「お風呂入ってきていい?」
「ちょっとだけやから」
その言葉のどれにも、娘は黙って首を横に振り続ける。
こういうことは初めてだった。

私は娘の隣に腰を下ろし、娘の手を握って、
「なんで?」と訊いた。
「ママがここにいないと、さみしいの?」と聞くと、「さみしい」と答える。
「なんでさみしい?」とか「かなしいの?」と何度も訊いていると、
なんだか、こんなに娘が何か不安がっているのは、明らかに私の日頃の態度のせいだと思えてきた。
そう思うと、本当に悲しくて、自分が許せなくて、娘の前なのに泣けてきた。
娘の前で泣くのは、ずるいと思う。親として、とてもずるい。
けれど、我慢できなくなりそうだった。
すると、娘が突然顔をくしゃくしゃに歪ませて、「さみしい」「さみしい」と言って泣き出した。
ついには起き上がって、私の前に立ち、
そして私をまっすぐに見て涙をぼろぼろ流しながら、こう言ったのだった。

「ママいっぱいおこるから、さみしい」と。

その時、衝撃というかショックというか打ちのめされたというか、すごい驚いて死にそうになった。
もうとにかく私の中でずっと渦巻いていて、でもきっちり上から蓋をされて、
その上からも漬物石を乗せるくらいのレベルで頑丈に抑え込んでいた感情が、一気に噴き出した。
それで、娘を抱きしめて、私も娘といっしょにわんわん、おいおい、泣いた。
ものすごく涙も出て、嗚咽も溢れて、ちょっとほんと、不気味な感じだった。
「ごめんねえ」「ごめんねえ」と言って、「さみしかったねえ」「我慢してたんやねえ」と言って、
泣きじゃくる娘をぎゅうっと抱きしめて、私も泣きじゃくった。何年ぶりかの涙だった。
あまりに騒々しい私たちに、旦那も一瞬何事かと目を覚ました。
そしてその光景に完全に引いてた。
「え・・・なに・・・何が起こったの・・・」って呆然としていた。
そりゃそうだ。
母娘が抱き合って、涙と鼻水を垂れ流しながらわんわん咽び泣いていたら、誰だってビビるわ。

娘も、一度言ってしまうと自分の言葉に引き出されるかのように、
何度も「さみしかった」「かなしかった」と言っていた。
一気に堪えていた感情を噴出させているかのようだった。
本当に長いこと、私たちは泣き止めなかった。
私もずっと「ごめんね」「ごめんね」と、同じことばかり言いながら泣いてた。
ここ最近は、毎日怒っていた。
娘の相手もろくにしていなかった。
いや、最近に始まった話ではなく、私は娘が生まれてからこれまでずっと、そうだった。
ずっと怒っていた。ずっと娘を疎ましく思っていた。
ずっと本当は、子育てなんか自分には出来ない、やりたくないと本音では思っていたのだ。

私はその夜初めて気がついた。
今まで怒っても、何も応える様子のなかった娘も、やっぱり本当は応えていたのだということに。
「そうなん?」と飄々と言いながら、ぜんぜん傷ついていない様子で私の怒りをかわしていた娘も、
本当は傷ついていたのだということに。
傷ついた気持ちを押し殺して、なんでもないフリをして、明るく振る舞っていたのだ。
そして何より、私はそんな娘に気がついていながら、気がつかないフリをしてた。
いつも毎日苛々して声を荒立ててしまう自分自身を呪ってしまわないように、
そんな娘に気がつかないフリをして、娘は応えていない、傷ついてなんかいないと思い込んで、
現状から目を反らしまくっていた。娘から逃げていた。そして自分ばかりを守ってきた。
「うるさいよ」とか「あっちに行っといてよ」とか、ひどいこともたくさん言ってきた。
「あんたにはできないよ」とか「なんでできないの」とか「もうしらないよ」とか、
そういう人格を否定するようなことも平気で言ってきた。
まだ説明したってどうせ全部はわかんないと、娘と向き合うことから逃げて、
いつもこっちの都合に娘を無理矢理当てはめようとしていた。
親として、最低最悪だ。
これはもう、立派な虐待の域だ。そう思われても仕方がない。

娘はそれでも私しかいないから、私の前では明るく笑顔でいた。
朝起きた瞬間から、娘はそうやって、毎日毎日娘なりにがんぱってきたのだ。
それでも連日、私からは怒られ、いつもいそいそと何かを忙しくやっていたり、
自分の世界に入り込んだりする私の気を引こうとしては失敗し、
とうとう、我慢も限界を迎えたのだ。
娘の情緒は不安定になって、物分かりよく私を風呂に送って、
すでに眠りの世界に落ちてしまった旦那の横で、
ひとりさみしく眠りにつくなんてこと、出来なくなってしまった。
それがあの夜だった。

本当に本当に、申し訳なくて、情けなくて、悲しくて、娘が可哀想で、
私はただひたすら娘に謝った。
それでも娘は健気だった。
「さみしかった?」と訊けば「さみしかった」と答えるけれど、
「ママが悪かった?」「ママのせい?」と訊けば、
「ママわるくないよ」「ママのせいじゃない」と言ってくれた。
またその言葉に泣けた。
私、旦那にだけじゃなく、娘にも相当甘えていた。
怒っても傷つかないフリをする、毎朝元気に起きてくる、そんな娘の強さにすっかり甘えきっていた。
自分の抱えきれないことまで、娘に押し付けようとしていた。
娘は私が思っていたより、ずっと大人だった。それにすら、気がつけていなかった。
本当に、反省しかない。

さて、明日からどう、娘と向き合おう。
そう考えると、それでもたぶん私はこの気持ちをすぐに忘れてしまうんだろうと思って、怖い。
そしてまた同じことを繰り返してしまうんだろうし、そう簡単に自分は変われないんだとも思う。
でも、変わらないといけない。真剣に。
何が本当に大切で、何がそうでないのか、
その辺の折り合いをもっと器用につけられるようにならないといけないのだ。
一日は24時間と決まっていて、その限られた時間の中で、私にはやるべきことがあるんだけれど、
でもその中でどれが一番大切なのかは、誰に言われなくても明白だ。
後のことは、正直、後回しでもほんと、いいんだよ、実際・・・。

一瞬まじで、娘はもう、私が育てない方がいいんじゃないか、
方法とか筋道とか理屈とかは知らないけれど、まじで、
出来るんだったら里子に出すとか施設に預けるとか、そんなことをしてでも、
私じゃない人に育ててもらったほうが娘には幸せなんじゃないかとも考えてしまった。
けれどその考えも一瞬で消えた。
無理過ぎた。
私が耐えられなさすぎる、娘を手放すとか。
ほんと、娘には申し訳ないけれど。
ろくに構ってもやれないくせに手放したくないとかどんだけ、って感じやけど。

娘の本音を初めて知った。
知ることが出来てよかった。
まだ、娘がそれを私にぶつけようと思ってくれて、よかった。
娘、本当にごめん。言ってくれてありがとう。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。